テニス ダブルスの戦術と戦略 基本編

このページでは、テニスダブルスの戦術と戦略で基本となるものを解説しています。

テニス ダブルスのDVD教材はこちら

シングルスと比べて、ダブルスは攻撃・守備ともに多様な戦術をとることが可能です。仮にシングルスが強いプレーヤー2人がペアになったとしても、ダブルスでも強いとは限りません。

テニスのダブルスでは、パートナー同士のコンビネーションと戦術が重要になります。

ここでは、ダブルスにおける基本戦術を紹介します。

センターを狙う

センタセオリーは相手コートの中央部分を狙う攻撃法で、ダブルスで有効な戦術です。

センターにボールを打てば、サイドライン側にポジションをとっている相手後衛をセンターに走らせることができます。

そうすることで、味方前衛はポーチに出やすくなるので、ボレーでポイントを狙います。

また、センターを狙うことで、相手は前衛、後衛のどちらがボールを拾うかという判断が必要になるため、相手のミスも誘うことができます。

相手の前衛を抜けたボールで不意をつく形になります。

センターを深く突くボールを打つのは、難易度が高くないので、ミスショットが起こりにくいという点もこのダブルス戦術のメリットです。

ロブでチャンスボールを誘う

相手が平行陣のポジションで構えたケースで、なかなか崩すことができない場合は、ロブをあげてチャンスボールを誘うダブルス戦術です。

コースの良いロブをあげて、相手の陣形を崩したり、ミスやチャンスボールを誘い出します。

デュースサイドで相手前衛のバックハンド側にロブをあげる、または、センターにロブをあげて後衛に取らせます。

バックハンドのハイボレーは技術的にも難しいので、相手のミスやチャンスボールを引き出しやすくなります。

ロビングのコントロール技術に磨きをかけるよう練習を積むことが、このダブルス戦略を活かすためには必要です。

ボレー対ボレー戦

味方と相手方の4人がネットについた状況では、高めに浮いたボールはポイントにつながりやすいので、いかにして相手に浮いたボールを打たせるのかが戦術になります。

相手の足元を狙って浮いたボールを打たせるのが、ボレー戦の基本戦術です。

ネットの低い位置にボールを通してクロスに相手の足元を狙います。相手が浮いたボールを打ってきたら、このボールをオープンコートに決めます。

ダブルスのボレー戦では、足元を狙われるのは相手プレーヤーも分かっています。そこで、不意打ちで頭上を抜くロブをあげるのも効果的です。

ロブは浅いとスマッシュで返される可能性もあるので注意が必要です。

他には、意表をついて相手の正面に打つのも手段のひとつです。

相手の弱点を攻める

相手ペアの下手な方や弱点を集中的に攻める。これは、卑怯ではなくダブルスの戦術です。

特に相手ペアが自分達よりも強い場合は、相手の弱いところや調子の悪い方を徹底的に攻めることで、勝率が高まります。試合前に情報共有や打ち合わせをしておきましょう。

試合前のウォームアップで、相手の弱点をある程度、見極めておく必要があります。

バックハンドや足元を狙うボールは、苦手とするプレーヤーが多いです。

これは逆も真なので、自分達の弱点や調子の良し悪しによって、事前対策を練っておく必要があります。相手に弱点を突かれないように対策をしましょう。

最後に

以上、テニスダブルスの戦術・戦略で基本になるものを紹介しました。細かな戦術は他にもありますが、テニス初心者は基本のダブルス戦術をマスターするようするといいでしょう。

テニスDVD教材によって、ダブルス戦術を体系的に学ぶことも可能です。テニスダブルスのDVD教材の詳細については、下記のページをご覧ください。

テニス ダブルスのDVD教材はこちら