テニスのショートクロス打ち方とコツ

このページでは、テニスのショートクロスの打ち方とコツを説明しています。

テニスの試合を見ていると、前後左右に相手を揺さぶるシーンが度々登場します。これを可能にしているのがショートクロスというショットです。

ショートクロスとは?

ショートクロスとは、ボールに強い回転をかけ、クロスに角度をつけることで、相手のアレーコートにボールを短く落とすショットのことです。

打球に回転をかける必要があるため、ショートクロスの打ち方は難易度は高めです。

そのため、テニス初心者が苦手とするショットのひとつです。

しかし、ショートクロスを打てれば、相手をコートの外に出して陣形を乱したり、エースも狙えるショットになります。

ショートクロスは攻撃的なレシーブとしても使えるのです。

ぜひとも、ショートクロスの練習をして、マスターしておきたいショットです。

ショートクロスの打ち方

ショートクロスの打ち方は、トップスピンまたは、高い打点で捉えるスライスのショットが適しています。

また、ショートクロスの打ち方で注意しておきたいのは、ラケットの向きがあります。ラケットの面は常にクロスに向けておきます。

ラケットの面を上に向けてしまうとコントロールが効かず、結果的に思ったよりも遠くにボールが飛んでしまいます。

また、ラケットの面を下向きにしてしまうと、ネットにあたりミスを犯してしまいがちです。

ショートクロスでは、ラケットの面を意識して、打球のスピードよりもコントロールを重視しましょう。

ショートクロスのコツ

ショートクロスのコツは、ネットの低い位置を通し、サービスコートのコーナーを狙うことです。

さらに、ボールの2バウンド目がサイドラインの外側に落ちるように打つのが、ショートクロスのコツです。

また、体重移動も早めに行うのが、ショートクロスのコツです。

いつも通りの体重移動では、短いボールを打つのは難しいため、打つ瞬間に左足をピンと伸ばしてみてください。

下半身を安定させた鋭いスイングによって、自然と力強いドライブ回転が生まれます。

これは、バックハンドも同様で、早めの体重移動により、重くて早いショートクロスを打てるようになるでしょう。

ショートクロスは高い技術が要求されますが、打てるようになれば、決定力のある強力なショットにもなります。

練習を積み重ねて、得意にしておきたいショットのひとつです。

以上、テニスのショートクロスのコツと打ち方について解説しました。