テニスのハーフボレー打ち方とコツ

このページでは、テニスのハーフボレーの打ち方とコツを説明しています。

ハーフボレーとは、ボールが落下してバウンドした直後に打ち返すショットのことです。

ハーフボレーを打つタイミングとしては、シングルスのネットプレーやベースライン付近で足元を狙われた時などが多いです。

そのようなシーンで使う守備的なショットがハーフボレーになります。

ハーフボレーの打ち方は、姿勢を低く保つために膝を曲げて、コンパクトなテイクバックを行います。

手首は固定したまま、ボールを持ち上げるようなイメージで打ちます。

注意点としては、上体が前のめりにならないように低い体勢を保つようにします。

ネット際で活用するボレーの種類には、ローボレーとハーフボレーがあります。
この2つのボレーの違いは、ローボレーはラケットの面を上にするのに対し、ハーフボレーはラケットの面を地面対し垂直にするという点です。

また、この2つのボレーは、足運びも異なります。

ローボレーはボールが来たら1歩踏み出し打ち返しますが、ハーフボレーは少し下がって処理しなければなりません。

そのため、相手の動きを見つつ、ローボレーとハーフボレーどちらのボレーで攻めるかの判断力が問われます。

さらに通常のボレーは、ボールをラケットの面に当てるというイメージでしたが、ハーフボレーはストロークに近いです。

ハーフバウンドにラケット面を合わせたら、下から上に振り抜いてみてください。

この時、腕で振り抜くのではなく、身体全体で押し込むのをイメージすると良いでしょう。

インパクトの瞬間はラケットの面と地面は垂直になるのが基本です。

ネットに近いときは、フォロースルーは短めに、ネットから距離があるときは、フォロースルーを長めにとるようにします。

ボレーは基本的に、それほどスピードが早い球ではありません。

ただ、緩やかな球でも深いボールをコントロールできれば、相手は容易には攻めて来られなくなります。

ハーフボレーのコツとしては、無理にスピードを上げようとするのではなく、コート深くにボールを沈めることを意識します。

ボールが体に近いと打ちにくくなるので、打点を遠めにとるのも、ハーフボレーを打つときのコツになります。

ショートバウンドでボールを捕らえるハーフボレーは、打ち返された球がチャンスボールになりやすいので注意が必要です。

テニスの試合に勝つためには、守りのテクニックであるハーフボレーをしっかりと身につけて、攻守のバランスを考え戦うことが重要になります。

以上、テニスの守備的なショット、ハーフボレーのコツと打ち方について解説しました。