テニスのスピンサーブ打ち方とコツ

このページでは、テニスのスピンサーブの打ち方とコツを説明しています。

スピンサーブの基本はフラットサーブと同じですが、テニス初心者が思った通りに打てるようになるには、時間がかかる場合が多いです。

スピンサーブは、打球にスピンをかけるのに技術が必要なのと、フィジカル面では、腹筋と背筋、手首の強さが要求されるためです。

技術を磨くだけでなく、筋力トレーニングもスピンサーブには必要とされます。

スピンサーブとは?

スピンサーブとは、ボールに斜め方向の回転をかけて打つサーブです。

回転軸がねじれた状態の打球は、外側に高くバウンドします。

そのため、相手のバックハンドを狙うと効果的なサーブです。

スピンサーブでは、順回転のトップスピンではなく、斜め方向の回転をボールかけるのがポイントです。

まずは、ボールに斜め方向の回転をかけることをイメージしてみましょう。

スピンサーブの打ち方

スピンサーブの打ち方ですが、バックハンドのイースタングリップに握ってください。

コンチネンタルグリップではなく、バックハンドのイースタングリップで握ることで、回転をかけやすくなります。

トスアップはちょうど頭上にボールを上げ、身体を傾けてラケットの軌道を下から上にします。

そして、スピンサーブに特有の斜め方法の回転をかけるために、左から右方向にラケットを振り抜くようにしましょう。

このとき、身体が開いた状態で打つと、左から右方向にラケットを振り切ることができないので、ボールに斜め方法の回転がかかりません。

身体を閉じた状態で、左から右方向にラケットを振るためには、クローズスタンスで構えるといいでしょう。

スピンサーブのコツ

スピンサーブのコツは、インパクトのときに手首を小指側に内転させることで、ボールに斜め方向の回転を加えることです。

スピンサーブで効果的な回転をボールにかけるためには、手首を鍛える必要があります。

さらに効果的な回転をかけるためには、肘を高く上げたままでプロネーションすることが大切です。

また、腰を反らした状態で打つのではなく、膝を使って身体を傾けることがスピンサーブのコツです。腰に負担をかけないように、膝の屈伸運動を上手く利用して身体を傾けるのです。

スピンサーブでは、トスアップからプロネーションまでの流れをしっかりイメージして、反復練習を行うとよいでしょう。

あわせて、腹筋と背筋、手首の筋トレも行うと効果的です。

以上、テニスのスピンサーブのコツと打ち方について解説しました。