テニスのアプローチショットとは?意味・用語解説

このページでは、テニスのアプローチショットとは何か、意味を解説しています。

テニスで言うアプローチショットとは、ベースラインからネットへ近づくためのショットです。

ショットの部分を省略して、アプローチと言うこともあります。

アプローチショット、アプローチ、どちらも同じ意味で使われます。

アプローチショットでは、ラリーのときにベースライン内の浅いボールを前進しながら打ち、ネットプレーを仕掛けます。

前進する動きのなかでボールを捕らえる必要があるので、スイングとフットワークの協調がアプローチショットのコツとポイントになります。

アプローチショットはネットへ近づくためのショットで、エースを奪うためのショットではありません。

次の攻撃、ネットプレーに繋げるためのショットなのです。

アプローチショットの種類としては、スライスとスピンの打ち方があります。

それぞれ、スライスアプローチ、スピンアプローチといいます。

アプローチショットの打ち方とコツについては、別の記事で解説します。

ちなみに、ゴルフでもアプローチショットがありますが、ゴルフではボールをホールに近づけるための打球のことを言います。

テニスでもゴルフでも、アプローチ(approach)という単語は「近づく、接近」という意味で使われています。

以上、テニス用語解説、アプローチショットの意味についてでした。