テニスのオーバーネットとは?ルールと例外

このページでは、テニスのオーバーネットのルールと例外について説明してます。

ネットを越えて相手側のコートでボールを打ったり、自分側のコート内でボールを打ち、フォロースルーでラケットがネットを越えてしまった場合など、いくつかの状況がオーバーネットのルールに関係してきます。

オーバーネットとは?

テニスのオーバーネットとは、相手が打ったボールがネットを越える前に返球することです。

言い換えると、オーバーネットはラケットがネットを越えて返球すること、打点が相手コート側にあるということです。

オーバーネットは失点となります。

オーバーネットの例外はある?

オーバーネットの例外として、ラケットがネットを越えて返球してもよい場合があります。

相手の返球が自分側のコートでバウンドしてから、バックスピンや風の影響で、相手側コートにボールが戻った場合、ネットを越えて打つのはオーバーネットにはなりません。

この場合は、打点が相手コート側にあってもいいということです。

ワンバウンドしたボールが相手コートに戻るのは、レアケースですが覚えておいたほうがいいでしょう。

フォロースルーがネットを越えた場合は?

相手が打ったボールがネットを越え、自分側のコート内で返球した場合で、フォロースルーがネットを越えた場合は、オーバーネットにはなりません。

打点が自分側コートにあれば、フォロースルーはネットを越えてもかまいません。

単にラケットがネットを越えたら、オーバーネットということではないのです。

状況によって、オーバーネットになるケースとオーバーネットにならないケースがあるので、少し細かいですが覚えておきましょう。

以上、テニスのルール、オーバーネットと例外についてでした。