テニスのオーストラリアンフォーメーションとは?意味・用語解説

テニスの陣形

このページでは、テニス・ダブルスで使われる陣形、オーストラリアンフォーメーションについて解説しています。

 

テニス・ダブルス向けDVD教材の特集はこちら

 

オーストラリアンフォーメーションとは?

オーストラリアンフォーメーションとは、ダブルスでサーブを打つときの特殊フォーメーションで、サーバーはセンターに近い位置からサーブを打ち、ボレーヤ-はサーバーと同じサイドに立つ陣形のことです。

 

【オーストラリアンフォーメーションのポジション】
  サーバー:センターに近い位置
  ボレーヤ-:サーバーと同じサイドに位置

 

テニスではサーブを打つ位置・範囲はルールで決まっていますが、前衛のボレーヤーが立つ位置は決まっていません。そのため、サーバーとボレーヤーが同じサイドにポジションをとることができます。

 

ボレーヤ-の位置がオーストラリアンフォーメーションのポイントになります。

 

オーストラリアンフォーメーションの使い方

相手がクロスのレーシーブが得意な場合、オーストラリアンフォーメーションが有効です。

 

オーストラリアンフォーメーションでは、相手側のレシーブで得意なコースにポジションをとることで、クロスリターンを封じる心理的効果が期待できます。

 

クロスのコースに前衛が構えているので、相手はクロスに打ちにくくなります。

 

この陣形で、相手のクロスリターンを封じることはできますが、ストレート側がオープンスペースになるため、サーバーはサーブを打った後、ストレート側をカバーする必要があります。

 

これがオーストラリアンフォーメーションの弱点・欠点です。

 

オーストラリアンフォーメーションの応用・変形の陣形

オーストラリアンフォーメーションを応用・変形した陣形で、アイフォーメーション(Iフォーメーション)という陣形があります。

 

現在では、オーストラリアンフォーメーションよりも、アイフォーメーションのほうが実戦で使われることが多いテニス・ダブルスの陣形です。

 

アイフォーメーションをマスターするためにも、オーストラリアンフォーメーションとアイフォーメーションの違いを知っておく必要はあります。

 

アイフォーメーションの詳細については、個別ページを参照してください。

 

オーストラリアンフォーメーションの語源

オーストラリアンフォーメーションの語源についてですが、オーストラリア人のテニス選手がこのフォーメーションを始めて用いたとされ、オーストラリアンフォーメーションという名前になったそうです。

 

オーストラリアンという単語には、たいした意味はないのですね。

 

もしも、イタリア人のテニスプレーヤーだったら、イタリアンフォーメーションだったかもしれないという話です(笑)

 

最近では、オーストラリアンフォーメーションはプロのテニスプレーヤーでもあまり使うことはありません。テニス初心者であれば、知っておく程度で十分でしょう。

 

以上、硬式テニス・ダブルスで使われるオーストラリアンフォーメーションの意味・用語解説でした。

タイトルとURLをコピーしました