テニスのボレー練習方法

このページでは、テニスのボレー練習方法について説明しています。

ボレーはサーブやスマッシュと同様、テニスにかかせない基本的なショットです。

まず、最初にボレーの概要について説明します。

ボレーとは?

ボレーとは、ボールがバウンドする前にダイレクトで返球することです。

そのため、飛んでくるボールを直接捕らえる必要があり、ボレーはグラウンドストロークとは異なる感覚と動作が要求されます。

ボレーはネットプレーでは、とどめのショットになり、攻撃的なテニスを展開するために必要です。技術を磨いて得意にしておきたいショットになります。

ここでは、ボレーの基本練習方法を3種類ほど紹介します。

ボールキャッチでボレーの練習

打点の位置を確認し、ボレーの感覚を養う方法です。

テニス未経験者や初心者向けの練習方法になります。

まずは、ラケットを使わない練習法でボレーの感覚を養います。

パートナーにボール投げてもらい利き手でダイレクトキャッチする。

ボールをキャッチしやすい位置がボレーの打点になります。

ボールキャッチを繰り返すなかで、体に近すぎず、遠すぎずというキャッチしやすい位置を見つけるのがコツです。

慣れたら、ラケットを使ったボレー練習に移行しましょう。

トスされたボールをボレーで返球

ボールをスイートスポットで打てるようにするのが目的です。

ネット近くでテイクバックの姿勢で構えて、ネットの反対側からパートナーがトスするボールをボレーで返します。

慣れてきたら、レディポジションの姿勢から始めてみましょう。

さらに、フォアハンド、バックハンドのボレーを交互に打つ練習でフットワークも鍛えます。

最初のうちは、ネット近くでボレーの練習を行い、上達してきたら、ネットから離れて行うようにします。

ミニラリーでのボレー練習法

実践的なボレーを身に付ける練習方法です。

ネット近くに構え、パートナーはサービスラインからラケットで球出し、それをボレーします。

問題なくボレーで返球できるようであれば、ボレー対グラウンドストロークのミニラリーを行います。

自分はボレーで、パートナーがグラウンドストロークです。

ミニラリーが上達してきたら、ネットから距離をあけて行うようにします。

ボレーの練習法まとめ

最後に、ボレーの練習方法と目的について、まとめてみます。

ボールキャッチ:打点の位置確認、ボレーの感覚を養う
トスされたボールをボレー:スイートスポットでボールを捕らえる
ボレーのミニラリー:実戦的なボレーを身につける

ボレーの練習では、初めはネット近くで行い、ボレーの上達具合に応じて、ネットから距離をとるようにするのがコツです。

ネットから距離が離れると難易度が上がります。

テニス初心者や未経験者は、ネット近くからボレーの練習を行いましょう。

ボレーの打ち方やコツ、テイクバック等のポイント、手首の使い方、さらに上を目指すボレーの上達法については、別の記事で詳細を書く予定です。

以上、テニスのボレー練習法について解説してみました。