テニスのアプローチショット打ち方とコツ

このページでは、テニスのアプローチショットの打ち方とコツについて解説しています。

アプローチショットは、それだけでエースを狙えるものではありませんが、ネットに繋げるために有効なものです。

ボレーなどの攻撃的なネットプレーを展開するためには、まずは自分がベースライン内に入らなければなりません。

そのために必要なのがアプローチショットです。

アプローチショットの打ち方には、スピンとスライスの2種類があります。

スピンのアプローチショットの打ち方とコツ

スピンのアプローチショットの打ち方は、ボールを上にあげつつ、バックアウトしない程度のスピードをコントロールします。

イメージしておきたいのは、ラケットを下から上にスイングすることです。

スピンのアプローチショットのコツは、下から上にスイングすることで、しっかりとボールを持ち上げ、十分なスピンをかけることです。

ボールにスピンをかけることに意識を集中し過ぎると、ネットミスを犯しやすくなるので注意しましょう。

また、深く打つか鋭角に打つかを判断して、相手を思いきり外に出すことも、スピンのアプローチショットのコツになります。

スライスのアプローチショットの打ち方とコツ

スライスのアプローチショットの打ち方は、滑るような球を打つことが重要です。

滑るような球を打つと、返ってくるボールが浮きやすくなり、ボレーに繋げやすくなります。

スライスのアプローチショットのコツとしては、腕の力によるスイングではなく、身体と足運びで、ボールを打つことです。

前進しながらのショットなので、スイングのタイミングは遅めにして、体の移動によって打球方向にボールを運ぶようにして打つのが、アプローチショットのコツです。

これにより、打球のスピードが遅くても、ボールがバウンドした後になめらかに滑るような打球になります。

また、ネットの少し上を通すようにイメージして打つのも、アプローチショットのコツです。

アプローチショット 最後に

テニスでアプローチショットは、ネットプレーに持ち込むために必要なショットです。

同じフォームから、アプローチショットとドロップショットを打てるようになると、プレーの幅が広がります。

ドロップショットの打ち方とコツについては、別の記事で解説します。

まずは、アプローチショットの練習を積んで、マスターしておきましょう。

以上、テニスのアプローチショットのコツと打ち方についての説明でした。