テニスのトップスピン打ち方とコツ

このページでは、テニスのトップスピンの打ち方とコツについて説明しています。

テニスDVD教材の特集はこちら

テニスにおいてトップスピンは、必ずマスターしたいショットのひとつです。

トップスピンとは、ボールが縦回転の前進回転をすることをいいます。

ボールにスピンをかけることで、ボールが落下しやすくなるので、相手のコートに収まりやすくなるのが特徴です。

高く打ったとしてもこのスピンがかかっていれば、ネットに引っかかることなく、なおかつ確実に相手のコートにインするというメリットがあります。

トップスピンは自分のミスを減らすことができるので、必須のショットと言っても良いでしょう。

また、このスピンを習得することで、トップスピンロブやアングルショットなどが使えるようになります。

よりコートを立体的に使うことができるようになるので、試合を有利に運ぶことも可能になるのです。

トップスピンの打ち方は、膝を曲げてパワーを溜め込み、打ち込む瞬間に膝を伸ばしてパワーを上方向に開放していきます。

ラケットの振り出しは、ボールの下から振り上げるイメージです。

ボールのインパクト後には肩口でフィニッシュしましょう。最後はラケットを担ぐようにするのが、トップスピンのコツです。

トップスピンを打つときのグリップは、ウエスタングリップが適しています。

より強い球を打ちたい場合は、肘をしっかりと上げてワイパースイングをするのがコツです。

トップスピンの基本は、下から上へラケットを振り上げることと、フィニッシュの位置にあります。

最近はテニスラケットが進化しているので、トップスピンは比較的打ちやすいショットになりました。

以上、テニスで使われるショット、トップスピンのコツと打ち方を解説しました。

トップスピンは、攻撃的なテニスを可能にするショットです。テニス初心者でも、トップスピンの練習を積んでマスターしておきましょう。