テニスのバックハンドボレー打ち方とコツ

このページでは、テニスのバックハンドボレーの打ち方とコツを説明しています。

テニスDVD教材の特集はこちら

バックハンドボレーは、フォアハンドに比べて難易度が高く、習得に時間がかかります。
特に身体の使い方が重要になってくるので、コツを掴んでおきましょう。

バックハンドで打つショットは、普段はあまり使わない側で打つことになるので、苦手としている人が多いです。利き腕側のほうが打ちやすいですからね。

バックハンドボレーは腕だけでは、力が入りにくい打ち方のため、体重移動を使ってボールに威力を乗せます。

そのためには、しっかりと右足を踏み込むことが大切です。
ただし、これだけでは、十分な威力の乗ったボールを打ち込むことは難しいでしょう。
バックハンドボレーが苦手な人は、ただ踏み込んだだけでボールに対して上手く力を込められていない人が多いです。

そんな人は体重移動を活かすコツとして、ボールを運ぶイメージを掴みましょう。
ボレーは振り切る、弾くといった感覚ではありません。

また、ラケットの角度が寝ている場合も、ボールにパワーを伝えにくいです。
バックハンドボレーの打ち方の理想としては、ラケットの面がやや上向きに立っている状態になります。

こうするとボールを面でとらえることができるので、力強いショットを打ち込めるのです。

スライス回転でボールの深さをコントロールするのがバックハンドボレーのコツです。

適格なバックハンドボレーを打つためには、そのための姿勢を徹底的に身に着ける必要があります。

正しいバックハンドボレーのクセを付けて、どんな場面でもきれいなボールを打てるようにしましょう。

以上、テニスで使われるショット、バックハンドボレーのコツと打ち方について解説しました。