テニスのロブ(ロビング)打ち方とコツ

このページでは、テニスのロブ(ロビング)打ち方とコツを説明してます。

ロビングはロブという呼称を使うことが多いです。ロビングでもロブでも、同じショットのことです。以下、ロブという表記で説明します。

ロブとは、ボールを高く打ち上げるショットのことです。

ロブは守備にも使えますし、攻撃にも使える万能なショットです。
技術的な難易度が高いので、テニス初心者は苦手とする人が多いショットですが、習得しておくと試合展開を有利に運ぶこともできます。

ロブは、相手がボレーを打ち前に詰めてこようとした際に有効です。
対空時間が長いので、自分の体勢を整えることにも使えます。
また、多少無理な体勢でも打てるため、マスターしておいて損はありません。
特にトップスピンロブは、前に詰めてこようとする相手の頭上を抜けるので、攻撃にも使えます。
基本的に使われるのはスライスロブで、軌道が高くなり守備的なショットになるでしょう。
当たりが薄くなり過ぎない程度にスライスをかけるのがコツです。
フワッとした高い軌道を描きコートの深い部分に着地するため、相手はコートの後ろまで下がらなければなりません。
打ち込んだ後、ネットに詰めることができればより良いです。
攻撃的なスライスロブは、膝を十分曲げて状態をボールへ滑り込ませます。
その後伸び上がりながら身体全体でボールを運びましょう。
フォロースルーも上に大きくゆったりと取ることで、上手く上がります。

苦しい戦況でもロブが打てるようになると、流れを変えることが出来ます。
粘り強いテニスプレーヤーになるためにも、ロブは練習を積み重ねて身に着けておきたい技術です。

以上、テニスで使われるショット、ロブ(ロビング)のコツや打ち方について解説しました。