テニスのミドルボレー打ち方とコツ

このページでは、テニスのミドルボレーの打ち方とコツについて説明しています。

ミドルボレーとは、ネットよりも高く、頭よりも低い位置で打つボレーのことをいいます。

ボレーの中でも最も標準的なのがミドルボレーです。
ミドルボレーは打点もネットより高い位置なので、テニス初心者でも比較的早く習得できるものになります。ローボレーとは異なり打点が高いことから、ノーバウンドでも打ちやすいショットとされています。
ミドルボレーは手首や肘の使い方が重要になり、これを感覚として身に着けることできれいな弧を描いたボレーを打つことができるでしょう。
打ち方としてまずは瞬時に左右の判断が大切です。
自分で打ちやすいゾーンへ移動したうえで、ボールを横から見て距離を把握します。
手首は立ててボールを面でとらえるようにするためには、この体勢をとりやすい位置へ身体を移動させることが大切です。
また、脇を閉めて肘を上半身にくっつけることで、ボールに打ち負けることを防げます。
ボールがラケットに触れたら、スイングはせずボールを上にあげるように打つと良いでしょう。
打球の距離も伸びますし、相手のボールの勢いを反発して飛ばすことも可能になります。
ラケットをスイングさせてしまうと、面の向きがぶれてしまい適格に返球できなくなるので、ミドルボレーのコツを掴んでから行うようにしましょう。

ミドルボレーは試合でもよく使われるショットです。
試合の流れを変えることにも使えるので、ミドルボレーを得意にすることで、試合展開を有利に運べるようになります。

以上、テニスで使われるショット、ミドルボレーのコツと打ち方について解説しました。