テニスのアングルボレー打ち方とコツ

このページでは、テニスのアングルボレーの打ち方とコツについて解説しています。

アングルボレーは相手からのチャンスボールに対して、確実にポイントを取りにいくためにマスターしておきたいショットです。

もし、アングルボレーでポイントを取れなくても、相手を大きく動かせるので、その後の展開は有利になるケースがほとんどです。

アングルボレーとは?

アングルボレーとは、チャンスボールが来たときに、角度の利いたボールを打ち込むダイレクトショットのことです。

角度の利いたボールというのは、ネットと平行に近い角度の打球のことです。言い換えると、横方向に飛ぶ打球です。

アングル(angle)とは、角度という意味です。

ネット際のオープンスペースにアングルボレーを打ち込むことで、相手の意表をつき、大きく走らせることができます。

アングルボレーはドロップボレーと比べて、難易度が低いため、反復練習を行うことである程度の流れと技術が身に付きます。

シングルスでも使われるショットですが、特にダブルスでアングルボレーの効果を発揮しやすいです。

もちろん、アングルボレーでも、ボールが到達するまでに正しい姿勢を保っておくことが大切です。

浮いたボールで走る余裕がある場合は、しっかりと前に詰めておくことで、より角度のついたアングルボレーが打つことができます。

角度のついたアングルボレーは決定力が上がりますし、ネットに近ければ、ネットミスも防ぐことができます。

そのため、アングルボレーでは前に詰めておくことが重要です。

アングルボレーの打ち方

アングルボレーの打ち方は、ラケットを立てた状態でボールの横側を狙って打ちます。

ボールの横側を打つのは、角度のついたボールを打つため、ネットと平行に近い角度の横方向に打球を飛ばすためです。

もしも、ボールの正面を打てば、縦方向に打球が飛んでいくのがイメージできると思います。

ボールの正面に近い位置を打つほど、角度のない打球になります。

アングルボレーでは、角度のついたボールを打ちたいので、ボールの横側を打つのです。

また、アングルボレーの打ち方の注意点としては、インパクトの時にラケットが寝ていると、ラケットの面がボールの下側を捕らえてしまうので、角度もつかずに浮いた打球になってしまいます。

アングルボレーのコツ

インパクトの直前にボールのコースを変えようとすると、ボールの勢いでラケットの面が弾かれてしまい、角度のついたボールが打てません。

アングルボレーのコツは、テイクバックであらかじめ角度を決め、ラケットの面をセットしておくことです。

そして、セットしたラケットの面でボールを捕らえて打ちます。

ラケットの面の作り方がアングルボレーでは重要です。

また、アングルボレーの打点は、体から離れた位置のほうが、打ちやすくなります。

アングルボレーの決定力を高めるには?

角度のついたボールを打つのに感覚が慣れてきたら、今度は、ラケットでボールの外側を削るようなイメージで打つようにしましょう。

これにより、ボールにスライス回転がかかるので、ネットとほぼ平行、より角度のついたボールを打つことが可能になり、アングルボレーの決定力が高まります。

ボールの2回目のバウンドがサイドライン外側になるように、なおかつ、なるべくネットと平行にボールを打ち出すのが、理想的なアングルボレーです。

アングルボレーはコツをつかめば、難しくないショットです。アングルボレーを得意にして、攻撃の幅を広げましょう。

以上、テニスのアングルボレーコツと打ち方についての説明でした。