テニスのスライス打ち方とコツ

このページでは、テニスのスライス打ち方とコツを説明しています。

スライスの最大の特徴は、緩やかに糸を引くような打球と滑るようなバウンドにあります。

スライスはボールに逆回転がかかり飛んでいくため、空気抵抗を受けボールが緩やかに浮遊します。回転量と浮遊率は比例していることもポイントになります。

守備でも攻撃でも、試合の流れを変えるボールにもなるので、スライスの打ち方をマスターすることでプレーの幅を広げることができるでしょう。

スライスを打つときのグリップは、イースタングリップかコンチネンタルグリップが適しています。

ボールにスライスをかける時は、ラケットの面を上向きにします。

そのままボールを捉えることによって逆回転が自然とかかるので、ラケットはあまり動かさないようにすることがコツです。

何度かスライスの練習をしているうちに、ラケットの面にボールを乗せる感覚やコツが掴めるでしょう。

また、テイクバックの仕方によって、ボールの弾道が大きく変化します。

低いスライスを打ちたい時には、ラケットの面の角度はある程度上向きにし、テイクバックは水平にします。

逆に遅いスライスを打つときには、ラケットの面は完全に上向きにして、テイクバックは斜め下の角度にすると良いです。

この調節については、スライスの打ち方を気にするよりも、どこにどんなボールを打ちたいかというイメージが大切になってきます。

そのため、スライスが上達するには、イメージトレーニングも有効です。

スライスはあらゆる局面で使えるので、練習を積んで必ずマスターしておきたいショットです。

以上、テニスで使われるショット、スライスのコツと打ち方について解説しました。