テニスのスライスサーブ打ち方とコツ

このページでは、スライスサーブの打ち方とコツを説明します。

スライスサーブはテニス初心者でも練習すれば、比較的簡単に打つことができ、早い段階で習得しておきたいサーブになります。

スピンサーブよりも難易度が低いので、テニス初心者であれば、スライスサーブのほうを先にマスターすることをおすすめします。

スライスサーブとは、ボールの回転で左方向に打球が曲がり、バウンド後もボールは左側へ曲がっていくのが特徴のサーブです。

ボールの回転により、打球がサービスボックスに入りやすいというメリットもあるため、比較的簡単に習得できる割に重要なサービスとも言えるでしょう。

スライスサーブの基本は、フラットサーブと同じですが、トスアップの位置やスイングが異なります。スピンサーブとも異なるので、違いを意識して練習することが大事です。

スライスサーブの打ち方

スライスサーブの打ち方として覚えておきたいのが、トスアップの位置になります。

身体の右側、やや前方にボールをトスしましょう。

フラットサーブとはトスアップの位置が異なる点に着目してください。

ボールを右斜め前方にトスアップしたら、ボールの右側を叩き切るように打つと、ボールに左回転がかかります。

これがスライスサーブの打ち方です。

ボールのバウンド後は、低い位置から回転によって、さらに左へ曲がっていくので、相手がリターンしにくいという点もスライスサーブの強みです。

スライスサーブのコツ

ボールに回転をかける際に、ボールを擦るような感覚ではなく、ボールの斜め横を叩くようにすることが、スライスサーブのコツになります。

ボールの表面を擦るのではなく、ボールをスライスして切るようなイメージです。

スライスサーブの打ち方に慣れないうちは、ボールに回転をかけることに意識を集中させてしまいがちなので、注意が必要です。

スピンサーブと比較して、回転が少なめで、スピードを重視するのがスライスサーブです。

ボールに回転がかかりすぎるようであれば、擦って回転をかけるよりも、ボールの斜め横を弾くような感覚を意識して、スライスサーブの練習するといいでしょう。

また、腕が伸びきった瞬間に手首を小指側に内転させることで、スライスサーブのスピードを上げることができます。

その反面、グリップに伝わる衝撃も大きくなるので、握力を鍛えておく必要があります。

スライスサーブ 最後に

スライスサーブでは、ボールのバウンド後も回転方向に弾んでいくため、フォアサイドではコーナー、バックサイドではセンターを狙うと、スライスサーブの威力を発揮しやすいです。

スライスサーブはテニス初心者であっても、再現性が高いので、早い段階で得意にしておけば、効果的に使えるサーブとなります。

また、スライスサーブは、ファーストサーブにもセカンドサーブにも使えるので、ぜひともマスターしておきましょう。

スライスサーブのスピードアップのために、握力を鍛えるのも有効です。

以上、スライスサーブのコツと打ち方についての解説でした。