テニスのスマッシュ打ち方とコツ

このページでは、テニスのスマッシュの打ち方やコツを説明しています。

テニスの決めのショットとして、最もポピュラーなのはスマッシュではないでしょうか。
スマッシュは非常に高い技術を有するので、繰り返しの練習が必要となります。

さらに、力強いスマッシュを打つためには、筋力トレーニングも必要です。筋力が足りないと、高い打点のショットではフォームも安定しません。

テニスにおいて上から来るチャンスボールは比較的少ないため、スマッシュは正確に打つことが出来れば、たいていはポイントを取れるでしょう。
特にダブルスでは、スマッシュは非常に有効なショットになり、相手のロブを封じることができます。
スマッシュの打ち方は、ボールが上にあがったら即座に身体を横向きにしてコートの後ろに下がらなければなりません。
身体を前に向けたままだと後ろ走りになり、ためを作ることが出来ないので、キレイなフォームを作れません。
また、視線もぶれてしまうため、ラケットが安定せずミスしやすくなります。
ここでは判断力が大切になるので、躊躇しないようにしましょう。
ためを作る時には必ず右足を軸にします。
十分なパワーを出すこともできますし、軸を保つことも可能となるでしょう。
さらにコンパクトな、テイクバックを意識してください。
ボールが落下してくるタイミングを計ることがコツになります。
サーブのように後ろに回しすぎると、動作が遅れてしまいます。
打ち込む時は腕を伸ばし過ぎずに、適度な角度を保ちつつ手首のプロネーションで打つと良いでしょう。

スマッシュは他の技と比べて一連の動作に素早さが必要です。
安定したフォームを保つことで、キレのあるスマッシュを打てるようになります。

以上、テニスで使われる攻撃的なショット、スマッシュのコツや打ち方を解説しました。