テニスのフラットサーブ打ち方とコツ

このページでは、テニスのフラットサーブの打ち方とコツを説明しています。

フラットサーブはスピード感のある直線的な球を打ち込むことができるので、サービスエースを狙うのに使えるショットになります。

フラットサーブの特徴として、ボールに回転がほとんどかからない点があげられます。

サーブには種類がいくつかありますが、ボールに回転をかけるサーブとして、スピンサーブとスライスサーブがあります。

フラットサーブはボールに回転をかけないタイプのサーブです。

ボールに回転をかけるサーブは、技術が必要になるので、テニス初心者はまず最初にフラットサーブをマスターしましょう。

フラットサーブの打球は直線的なコースを描くので軌道をイメージしやすいですし、スピードの速いボールを打つことも可能です。

サービスエースを狙うのに適したサーブの打ち方と言っても良いでしょう。

フラットサーブの打ち方の注意点としては、トスアップの位置があります。

トスアップの位置の目安としては、自分の頭よりも少し右側にボールを上げるイメージになるでしょうか。

サーブは風の影響を強く受けてしまうので、風がある日は高く上げすぎないようにするのがポイントです。

トスの位置が正確になるとサーブも安定してくるので、何度もトスの練習してみましょう。

また、ボールの当て方も重要で、プロネーションの際にちょうどボールに対して真後ろに当てると綺麗にサーブが決まります。

きちんとしたプロネーションを行えていない場合、ボールに回転がかかってしまうので、なるべく回転をかけないことを意識して練習しましょう。

ここまでの動きをマスターしたら、スピード感のあるフラットサーブを打つための練習を行っていきます。

練習方法はいたってシンプルで、ラケットに体重を乗せるように打つことです。

膝の屈伸運動を利用して体重移動をはかることがフラットサーブのコツになります。

力強いフラットサーブを打つためには、トスの位置やプロネーションが大切になるでしょう。

フラットサーブの練習はボールをトスアップして行うことができるため、一人でも練習が可能です。マイペースで練習に励むことができるのですね。

力強くスピードが速いフラットサーブを打つためには、筋力も必要です。そのため、フラットサーブの練習だけでなく、筋トレも必要になってきます。

コツコツと練習や筋トレを重ねて、フラットサーブの技術を高める努力をしましょう。

以上、テニスで使われるサーブの一種、フラットサーブのコツや打ち方を解説しました。