テニスのローボレー打ち方とコツ

このページでは、テニスのローボレーの打ち方とコツを説明しています。

ローボレーは返しにくく、ミスしやすいため、中級者から上級者向きの技といえるでしょう。
ローボレーを習得すればポイントを取りやすくなるので、テニス初心者はなるべく早く覚えたいものでもあります。

ローボレーを打ち込むエリアは、特にダブルスのボレー戦で狙われやすい場所です。
テニス初心者のうちはこのボレーを返せず苦しむことも多いでしょう。
シングルスの場合も同じで、処理が上手くできないとバッシングショットの餌食となってしまいます。
逆にローボレーを使いこなせるようになると、相手のミスも増やせますし、浮いたサービスショットが返ってくる確率もグンと上がるのです。
ローボレーの打ち方は、手首を立ててボールを面でとらえるようにします。
こうすることにより身体全体でボールを支えられるので、ボールが浮いたりミスを犯すことを防げるでしょう。
また、ネットよりも低い位置で打つボレーになるため、ラケットは振らずに当てる感覚を身に着けてください。
コートの深いところを狙うことが大切になるので、打球のスピードは必要ありません。
ローボレーの打ち方のコツとしては、後ろ足を十分曲げることです。
腰がかなり低い位置にくるため、手首を曲げずに打てるようになります。
コントロールもしやすくなるので、意識してみてください。

ローボレーは、シングルスでもダブルスでも決め球となります。
姿勢やボールのとらえ方を意識することが、上達への近道になるでしょう。

以上、テニスのローボレーのコツと打ち方について解説しました。