テニスのハイボレー打ち方とコツ

このページでは、テニスのハイボレーの打ち方とコツについて説明しています。

ボレーの中でもたいていの人が苦手としているのが、ハイボレーではないでしょうか。
ハイボレーを使いこなせるようになれば、試合展開を有利に進められるので、確実に決められるように、ハイボレーのコツを掴んでおきましょう。

ハイボレーはスマッシュほど高い打点のショットではありません。
頭の高さから腕を伸ばした位置くらいまでのボールを打つものです。
もちろん、このミドルボレーのようにラケットを上向きにしてしまうと、アウトとなってしまいます。
逆に威力を抑え込むことを意識しすぎるとネットになってしまうのです。
難しいと思われがちな技ですが、ラケットの面の向きに気を付けることでコントロールを可能にします。
ハイボレーを打つ時は、ラケットの面の向きを地面と垂直にしてみましょう。
これなら、ある程度振っても抑えの利いたボールになるので、コート内に入ります。
また、ボレー全般に言えることですが、手首は立てて打つことが重要です。
スナップでボールを打ってしまうと、思った方向にボールが飛ばなくなります。
身体全体で、ボールの勢いを吸収することを心掛けると良いでしょう。
これらを意識することで、試合に勝てる安定したハイボレーを身に着けられます。

ハイボレーは、ラケットの面の向きと身体で打つことが大切です。
一連の動きを身体に染み込ませることで、自然と鋭いボールを打ち込めるようになります。

以上、テニスのハイボレーのコツと打ち方について解説しました。