テニスのドロップボレー打ち方とコツ

このページでは、テニスのドロップボレーの打ち方とコツを説明しています。

 

テニスDVD教材の特集はこちら

 

ドロップボレーは、意図的に相手を動かせますし、上手く決まればポイントに繋がります。

 

ボレーにはいくつか種類がありますが、ドロップボレーと他のボレーとの違いを理解することが、ドロップボレーが上達する近道になるかと思います。

 

ミドルボレーやハイボレーはラケットの面をブレさせてはいけませんが、ドロップボレーはラケット上で相手のボールの威力を吸収する必要があります。

 

ボールの威力を吸収する感覚を身に着けて打つことで、ボールが高くバウンドすることを防げるのです。

 

同じように胸より高い位置で打ってしまうと、ボールは相手コートで高くバウンドしてしまいます。

 

そのため、ドロップボレーのコツとしては、胸よりも低い位置から、ボールをすくうように打つことが大切です。

 

下からすくい上げるようにすると上に向かって落ちるボールになりますし、逆回転がかかることで、より弾まなくなるでしょう。

 

ただし、あまり大きくスイングしてしまうと、ボールにインパクトの衝撃が伝わり、ネットを大きく超えてしまいます。

 

これでは相手にとってチャンスボールとなり、打ち返されてしまうので注意が必要です。

 

ドロップボレーはきちんと決まれば相手がリターンしづらい打球になるので、決め技として重宝されるショットです。

 

また、前へ踏み出す足運びも忘れてはいけません。

 

テニス全般に言えることですが、ボールを打つ前には必ず体勢を整えておく必要があります。

 

このことは、ドロップボレーも例外ではなく、きちんとした構えとフォームで打つことで、ショットが決まりやすくなります。

 

相手をベースラインより前に出したい時にも使えるのが、ドロップボレーです。

 

プロテニスプレーヤーのように弾みにくいドロップボレーの打球を繰り出すのはなかなか難しいですが、何度も練習をすることで、ドロップボレーのコツをつかみましょう。

 

以上、テニスで使われるショット、ドロップボレーのコツと打ち方について解説しました。
タイトルとURLをコピーしました