テニス 平行陣の戦術

このページでは、テニスダブルスで使われるフォーメーション、平行陣の戦術について説明しています。

テニス・ダブルス向けDVD教材の特集はこちら

平行陣とは2人でネットにつく攻撃的なダブルスの陣形です。

平行陣はプロテニスプレーヤーの試合でも、よく使う陣形ですね。

通常、平行陣 対 平行陣では、ボレー戦になります。

ダブルスで4人がネットについたケースでは、高めに浮いたボールがポイントにつながりやすくなります。

そのため、相手に浮いたボールを打たせるのが平行陣の戦術では、基本になります。

打球をネットの低い位置に通し、クロスで相手の足元を狙うことで、なるべく高めに浮いたボールを打たせるようにします。

高めに浮いたボールは、オープンコートや相手の正面など返球しづらい場所を狙って決めましょう。

平行陣のボレー戦が足元を狙うのが基本というのは、相手も分かっているので、簡単には決まらないケースも多いでしょう。

そういう場合は、ボレーでロブを上げるなどして、相手の意表を突くことも有効的なショットになります。

平行陣のボレー戦では、ストロークの力よりも、テクニックが必要になるのです。

平行陣の戦術まとめ

平行陣 対 平行陣 ボレー戦の基本戦術

・足元を狙い浮いたボールを打たせて決める

・不意を突きロビングで頭上を狙う

平行陣の戦術を活かすために、相手の足元を正確に狙うボールコントロールやロブの技術を磨き、ネットプレーを得意にする必要があります。

テニス初心者で、ネットプレーがまだ得意でない、ボレー戦に自信がないという場合は、平行陣よりも雁行陣で戦うほうが安心です。

ボレーよりもストロークが得意というテニス初心者のほうが多いと思います。ダブルスでは、自分達の技術レベルにあった陣形と戦略をとりましょう。

ボレーの練習に力を入れて、平行陣の基本戦術も順次、マスターしましょう。

以上、テニスダブルスで用いられる平行陣の戦術について解説しました。

※ 平行陣は並行陣という表記が使われることがあります。